2017年6月11日日曜日

ReadyMedia (miniDLNA) で REGZA にストリーミングする

今まで、動画ファイルは MP4(H264/AAC) にエンコードしたのちに、MediaTomb を使用して自宅の REGZA にストリーミングしていました。
サーバーをリプレイスしようと思っていろいろ再構築していたところ、MediaTomb はすでに開発停止している模様。
そこで、その後継らしい ReadyMedia(miniDLNA) を使用してみました。

ですが、どうにも REGZA で再生できません。
もちろん、使用するファイルは今まで MediaTomb で再生できていたファイルです。ReadyMedia も設定する項目はほとんどありませんが、MediaTomb も特に設定する箇所はないので、設定うんぬんではないと思ってました。

よくよく調べてみると、REGZA で再生できるのは、プロファイルは Baseline、レベルは 3.2 まで。
エンコード設定を確認してみると、レベルは 3.1 にしていましたが、プロファイルは High を指定していました。
では、なぜ MediaTomb では再生できていたのかというと、config.xml を書き換えて、プロファイルとレベルを指定していたようです。(「REGZA MediaTomb」とかで検索するとでてきます)

試しにプロファイルを Baseline でエンコードし直してみると、正常に再生できることを確認しました。

全ファイル再エンコードか。。。と嫌な予感がしましたが、こちらのサイト でプロファイルとレベルを書き換えるコマンドラインツールを公開している方がいました。Ubuntu でも、gcc でそのままコンパイル、実行が可能でした。
このツール、プロファイルとレベルはバイナリ値で指定する必要がありますが、同じサイト内に一覧がありました。
Baseline と 3.1 なら、「42E01E」を指定すれば良さそうです。