2016年11月15日火曜日

内部ストレージとしてフォーマット

moto G4 は最初から marshmallow でしたが、最近バージョンアップして OnePlusX も marshmallow になりました。

そんな marshmallow の新機能の一つとして、microSD カードを内部ストレージとしてフォーマットして、本体ストレージを拡張する機能があります。

で、moto G4 はこの機能が普通に使えたのですが、OnePlusX では「内部ストレージとしてフォーマット」のメニュー項目がありませんでした。


そんな OnePlusX でも、adb を使えば内部ストレージとしてフォーマットできるようです。


やりかた

adb が使える PC と OnePlusX を USB ケーブルでつなげて、USB デバッグができるようにします。
そして、adb shell を実行します。

> adb shell

OnePlusX のプロンプトがでたら、sm list-disks コマンドを実行します。

1|shell@OnePlus:/ $ sm list-disks
sm list-disks
disk:179:64

この実行結果にでてきた、「disk:179:64」が microSD カードのディスクを示しています。
そして、そのディスクを内部ストレージとしてフォーマットします。
(このコマンドを実行すると、microSD カードのデータがすべて削除されます)

shell@OnePlus:/ $ sm partition disk:179:64 private
sm partition disk:179:64 private

ただ、何度かフォーマットに失敗したり、上記のようにフォーマットには成功しても、データを移行しようとすると「十分な空き容量がありません」と表示されてしまうなど、うまいこと内部ストレージとして認識されていないようです。
microSD カードの問題の可能性もあるので、他のカードを使ってみようと思っていたのですが、手元にちょうどよさそうな容量の microSD カードがなかったので、別の機会に再挑戦してみたいと思います。