2016年1月23日土曜日

OnePlus X のソフト

Android バージョンは 5.1.1。Oxygen という名称の OS になっており、こちらのバージョンも記されています。
Oxygen ですが、ほぼ素の Android と言ってもいいくらい、AOSP と違いはないように感じます。

開発者オプションを解放すると、ブートローダーのアンロックを許可するかどうかのトグルがあります。アンロックにも、特に制限はなさそうですね。

アプリは Google 関連が一通り入っているくらいで、ほとんどプリインストールのアプリはありません。
数少ないプリインストールアプリの一つが、SwiftKey Keyboard。ワードフロー入力、と言えば良いのでしょうか。キーボード上をなぞることで入力する方式を、結構初期からやっているキーボードアプリだと記憶しています。有料なのと、日本語に対応していないと思っていたので、今まで使ったことはありませんした。
日本語入力は、上記画面の言語メニューから日本語をダウンロードすれば、使えるようになります。
ただし、日本語入力はローマ字入力のみ。ワードフローもフリック入力もできません。

ソフト的にはこんなところでしょうか。ほぼ素の Andeoid なので、あまり目立ったところもありません。
カメラについては、背面の保護シートを貼り変えてからにしたいと思います。