2015年8月5日水曜日

Lumia 640 の使用感

さて、しばらくメインで使っている Lumia 640 の使用感でも書いてみます。

なにせカメラ性能は文句ない Lumia 1020 は、カメラの起動、シャッタータイミングに遅れがあり、いまいち使用感としてはよくありません。
Xperia T2 Ultra は、OS の仕様なのでしょうか、ホーム画面に戻ることすらもたつくことがあります。

Eluga X を入手したころは 5 インチディスプレイといえば大型モデルの位置付けでしたが、今や標準クラスと言ってしまっても良い時代。性能も高くはないものの、標準レベルの Snapdragon400 ということで、Lumia 640 はなにかと手ごろです。

というわけで、結果的にメインとなっている Lumia 640 です。


・カメラ
Snapdragon400 の Lumia 640 は、Lumia 830 や 930 と同じように、Lumia Camera 5 に対応します。レスポンスの良さ、リッチキャプチャ、ライブフォトなどが使えますが、やはりセンサーサイズとレンズ性能がそれなりですので、それなりな写真になります。
そして、地味にカメラボタンがないのが残念です。5 インチボディは、片手で持って画面上のシャッターボタンを押すのには、少々大きいです。 ただ、気軽に写真を撮れるという意味ではよくできています。


・Dual SIM
やはり、最初に書いたように、APN の切り替えも含むと少々面倒です。まあ、入れ替えなくても複数の電話番号に対応できる、位の感じですね。
通話用の SIM でもあれば、それをサブとして入れておくという運用もありなのですが。。。

・外装
プラスチックですが、塗装がキレイであまり安っぽい感じはしません。
ただ、何度も SIM の入れ替えをするために裏蓋を着脱していたせいか、少しギシギシ音がします。まあ、どうしても気になるようなら、裏蓋ごと新しいのにしてしまえば良い、と思えば気楽です。


・性能
特に問題はないです。Web ブラウズ、文字入力、ちょっとしたゲームなどでは、もたつく感じもありません。同じような構成の T2 Ultra とは、だいぶ印象が違います。

・通話
これに関しては、Lumia 1020 はもとより、Lumia 620 と比べても、相手の声の聞き取りやすさが劣っているように感じます。
Lumia 1020 は、場合によっては不自然なくらい、声が強調されるようなノイズキャンセリングが効きますが、Lumia 640 はあまり補正がかかっているような感じがありません。Lumia 620 は、低価格帯とはいえ、あまり機能は削っていなかった(のでそこそこな値段でしたが)のが、Lumia 640 はしっかり削って、しっかり安く仕上げた感じですかね。

・無線LAN
スペックを見ればわかりますが、5GHz に対応していません。これは Lumia に限らず、今時の普及帯のスペックでは、だいたいそんな感じですよね。
ちなみに、Lumia 620 は 5GHz 対応してます。

・価格
たしか、私が購入した時は $230 くらいしたと記憶していますが、今は $160 くらい (1shopmobile)。でも 640 XL が $190。大きさが許せるのなら、XL のほうが良いかもしれません。
Windows 10 mobile も優先順位が高そうですし、今から買っても悪くないと思います。